AKI INOMATA

0100101
2008-2009 installation aquarium, solenoid bulb, personal computer,water, et al. w380×d780×h280cm

An aquarium hangs from the ceiling. I light the aquarium with the light of a mercury lamp, and shine the shadows of the ripples in the water onto a white floor. In this way one has the impression that the floor is covered in water around twenty centimeters deep. Visitors can dip their feet into this imaginary water. Water drips into the aquarium from a device above it. Sometimes the drops fall randomly like raindrops. Sometimes they fall around and around, like playing tag. Sometimes the drops fall all at once, and the ripples make geometrical patterns like flowers. It is a natural landscape created within a room. Taking it for a resting place, as the visitor starts to relax, the waves progressively take on artificial patterns, which could not occur in nature. As a result, one feels exaltation, but it also arouses unease. Through meticulous programming, the ripples change moment by moment, and never show the same appearance. This unnatural nature creates a sense of discomfort and also reality. This piece considers the ambiguous border between nature and artifice in the present, where computer programming made up of 0s and 1s permeates our daily lives.

天井から水盤が吊るされている。水盤には水銀灯の光があてられており、水盤に溜まった水の波紋の影を、白い床面に映し出している。それにより、水深30cm程の水が溜まっているように見える。実際には水が存在していないにも関わらず、部屋一面に水が張られているかのように感じられる。観客は、その仮想の水の中に足を踏み入れることが出来る。 水盤には、その上の装置からぽたぽたと水滴が落ちている。ある時は、雨だれのように、ランダムに。ある時は、ぐるぐると追いかけっこをするように。また、ある時は一斉に落とされる水滴によって、花のような幾何学模様が波紋によって描き出される。部屋の中につくりだされた自然。憩いの場所だと思い、身をゆだねていると、だんだんと人工的な、自然ではありえない波紋へと変わっていく。周到なプログラミングによって、波紋は刻々と変化し、同じ姿を見せることはない。 不自然な自然によって得られる、違和感とリアル。0と1からなるコンピュータプログラムが生活に浸透し、欠かすことの出来なくなっている現在において、自然と人工の曖昧な境界を問う。

0100101