AKI INOMATA

French lessons with a Parakeet
2010 video (5min.21sec. / NTSC 16:9)

I went to study French taking a parakeet with me, and made a video of this. Many Japanese people feel an inferiority complex regarding foreign languages, in particular English. Languages are extremely important tools in that they allow people to communicate with one another; however the problem of not being able to communicate with people who speak the same language is also quite frequent. I brought along a parakeet (called Wasabi-cho) that speaks some Japanese to my French classes. In the beginning the parakeet was not at all interested in the classes, but partway through it decided that it wanted to take part, memorized its favorite French word “s’il vous plait”, and began to repeat this word out loud during the classes. Strangely, this word has a similar meaning to the bird’s favorite Japanese word “chodai” (which means please give me that). Further, he began to arrange this word with other words he knew, making new words like “Wasabiplait” (“Wasabi-cho” and “s’il vous plait”) and “Chorplait” (“Chodai” and “s’il vous plait”).

インコを連れて、フランス語を習いに通った。 外国語、特に英語コンプレックスは多くの日本人が抱えている。言葉は人と人がコミュニケーションをとる上で、非常に重要なツールだが、同じ言語同士でないとコミュニケーションが取れない、という問題も孕んでいる。 常々疑問を感じていた、言語間の問題について考えるため、日本語を少しだけ話せるインコ(名前をわさびっちょという)を連れて、私にとって未修得の外国語であるフランス語を習いに行ってみた。 はじめは全く授業に関心を示さないインコだったが、途中から授業に参加したくなったのか、お気に入りのフランス語" S'il vous plait"を覚え、授業中に連呼するようになった。これは奇しくも、彼の得意な日本語の一つ「チョーダイ」と似た意味とも言える言葉である。彼は、さらにそれを「ワサビプレ」(わさびっちょ+シルブプレ)、「チョルブプレ」(ちょーだい+シルブプレ)などと自分流にアレンジしていってしまった。