AKI INOMATA

Hamburger Illustrated Encyclopedia
2014 installation
installation view, Hamburg, 2014
installation view, Hamburg, 2014
installation view, Hamburg, 2014

I completed "Hamburger Illustrated Encyclopedia" during my one-month stay in FRISE. First, I asked local people to bring me what they thought represented Hamburg. They bought me Franzbrotchen, bib with the logo of one of the local football team, a piece of broken tile of local butcher shop, etc. with their own stories. I felt that all of them were connected through The Elbe River. I scoped up some water from the river and filled it into some bowls, I drew some illustrations inspired with these stories, and put them on the waters. I build up the collected items and bowls altogether into the work.

横浜市・ハンブルク市の助成のもと、北ドイツのハンブルクにてアーティスト・イン・レジデンスを行った。(ハンブルクのアーティスト・ラン・スペース"FRISE"にて滞在制作。) ハンブルクに住む人に「ハンブルクらしいと思うもの」を持ち寄ってもらい、それにまつわる話しを聞いた。フランツプレートヒェン(ハンブルクでしか売っていないパン)、アートギャラリー元精肉屋の壁のタイル、ボールの半分、家の鍵、雨の音、地元フットボールチームのロゴの入ったよだれかけなどが集まった。話しを聞くと、それらは、ハンブルク港へと繋がる運河エルベ河に全てつながっているようだった。 話をもとに描いたドローイングを、エルベ河の水に浮かべて、持ち寄ってもらったものと共に展示した。