AKI INOMATA

Why Not Hand Over a “Shelter” to Hermit Crabs? -White Chapel-
2014-2015 video photo

This is the 3rd work in the existing series of " Why Not Hand Over a “Shelter” to hermit crabs? -Boder Ⅰ・Ⅱ- ." The subtitle is "White Chapel." In this new work a "wedding chapel," which you can see in Japan, is on the shelter. At a glance it would seem like an ordinary chapel, but actually it is a religious facelity with no worships just for wedding. Although only 1% Japanese are Christians, 60% of weddings in Japan are held in Christian style. For those weddings, a lot of Chapels are build , and come up suddenly in the middle of cities. Those chapels are build with mixtures of many styles such as Gothic, Romanesque... etc. without any fundamental relations in between. The outside of almost all those chapels is white. Details of the side and back are drastically omitted, the chapels so that they can fit into conditions of the property, and also they are surrounded by many electrical lines. Furthermore they have parking space lot in the basement. When I visit western countries, I sometimes notice the original of archtecture, habits, foods, etc. In Japan, they would be transformed into local styles. And I ask myself, "Are we japanese living in a mimicry of western world?" For me, these imitation, or I would say reproduction or rearrangement of Western-style architecture seem to refrect identities of postcolonialism inside of Japanese people.

この作品は、移民・難民・国籍の交換可能性をテーマとした作品≪Why Not Hand Over a “Shelter” to Hermit Crabs?≫のBorderⅠ・Ⅱシリーズに次ぐ、3シリーズ目である。 White Chapel が副題である本シリーズ作品では、日本の「結婚式教会」が「やど」に乗せられている。これらは一見すると、いわゆる普通の「教会」に見えるかもしれない。しかし、ここでモチーフにしているのは、結婚式をあげるためだけに作られた信者の居ない宗教施設なのである。 日本ではキリスト教の信者は人口の1%ほどである。しかし、日本の約6割のカップルがキリスト教の様式で結婚式をあげているという。そのための結婚式教会堂がいくつも建てられており、それらは街中に突如として出現する。複数の様式を混成し、特にゴシック調を脈絡なく引用したものが多く、外観は白い。都市部の立地条件に適合するために、周囲は電線に囲まれ、土地の区画に合わせて背後や側面のディテールは大胆に割愛されている。そして地下には駐車場があるといった教会堂としては違和感のある構造をいくつももっている。 他方で、欧米に足を運ぶと、西洋の教会建築の数々に「これがオリジナルだったのか」とはっと気づかされることがある。日本に住む私たちは、こうした欧米のシミュラークルの世界に生きているのだろうか。この擬洋風の建物たちは、日本人のポストコロニアリズムのアイデンティティを映し出しているように思えてならない。宗教の様式さえ、その時々で交換可能なものとし、欧米を模倣することで近代化された都市。そこに借り住まいする私たちは、いったいどこへ向かっているのだろうか。

Digest movie of AKI INOMATA《Why Not Hand Over a “Shelter” to Hermit Crabs? -White Chapel-》 2014-2015
© AKI INOMATA. All rights reserved.