AKI INOMATA

world outside your world
2011 video (3min. 2sec. / NTSC 16:9) lambda print (147 × 200 cm each of 2)

After the Great Eastern Japan earthquake, the classical Indian concept of the world riding on top of four elephants on a sea turtle suddenly seemed relevant to me. We know that the world is a spherical shape. However we are only in contact with a small part of the world. Further, this world is insecure, and one could compare it to the impression of riding on top of a large animal. I put objects on the back of a live turtle to represent a town, and filmed the turtle walking, alternately from up-close and from far away. While producing this piece, I did research in a village in Gunma Prefecture (Japan). This village has prospered by raising silkworms since the Meiji Period. The houses are collected at the foot of a mountain, and all that connects the village to the outside world is a single bridge. Looking at this town set in a traditional Japanese landscape, it looked as if it were riding on top of a turtle.

日本での大災害をへて、古代インドの世界観-巨大な海ガメの上に4頭の像が乗り、その上に世界が乗っている-を描いた図画が、急にリアルなものに感じられた。 世界は球形でつながっていることを、もちろん私たちは知っている。しかし、実際に私たちが接するのは、あくまでも世界の一部分だ。そして、その世界は不安定で、大きな動物の上に乗っている、という感覚に近くはないか。 生きているカメの甲羅の上にぴったりと、町をかたどったオブジェを乗せ、カメの歩く様子を、ある時は近視眼的に、またある時は遠くから眺めるようにカメラで追っていく。 この作品制作にあたり、群馬県(日本)に位置する、ある集落を取材した。この集落は明治期より、養蚕で栄えた町である。山の麓に家々が集まり、その集落と外を結ぶのは一本の「橋」のみである。日本の原風景とも言えるこの町を目の前にした時、それはまるで、カメの上に乗っているように見えた。